講師プロフィール


「お父さんの音痴が遺伝しないように」

 母のすすめで4歳から習うことになったピアノ。なんとなく習っていただけで、理解はしていなかった。しかし小学校高学年の時にコンクールを受けることになり、初めて一生懸命練習をする。良い結果を残すことはできなかったものの、「頑張った」という人生初の達成感を得る。

 その後はピアノに夢中!中学校でJポップを弾いていた時に友達が喜んでくれたのが嬉しくて ―音楽で生きていきたい― と思うように。しかし音大に行けるほどピアノが上手なわけではないと自覚していた…。

 そんなとき、新しく赴任された音楽の先生の影響で声楽に目覚める。

―私、結構うまくない?これやったら音大いけるかも!―

 大いなる勘違いをし、声楽を習いたいと親に猛アピール!しかし「まだ早い、高校生になってからね」とストップがかかる。仕方がないので毎日井上陽水さんの「少年時代」を高めの声で歌うという、意味があるかないかよく分からない自主練を始める。

 親に熱意が通じ、高校生から声楽レッスンスタート!楽しくてたまらなかったが、初めてのコンクールで緊張しすぎて撃沈…声すら出ず。しかしどうしても歌いたかったため、自己流プログラムで緊張を克服!

 大学受験では多大なるストレスを抱え、一次試験当日にものもらい6個をつくりボコボコの目で歌うものの、無事に合格。

 大学院入学時には

―大学院修了後の演奏活動の基盤作りのために、人前で沢山歌って経験を積む―
 
 という目標を立て、演奏する機会を積極的に自分で手に入れた結果、地元和歌山での演奏活動基盤作りに成功。現在は和歌山で演奏活動をしながら自宅教室を開講している。



 レッスンでは、生徒さんひとりひとりの「こんな風に弾きたい!」「こんな表現がしたい!」という気持ちを大切にします。音楽の能力だけではなく、主体的に物事に取り組む姿勢も身に付けられる…まさに一石二鳥のレッスンです!

 また、たくさんの「できた!」を経験することが出来るよう、個人に合わせたオーダーメイドのプログラムでレッスンを実施します。達成感を得る経験が、大人になってからの「ここ!」という場面で絶大な力を発揮します。

 熱く!そして楽しく!ともに美しい音楽を奏でませんか?
 体験レッスンのお申し込み、お待ちしています!


寒川さがみ

愛知県立芸術大学大学院修了

取得免許(すべて音楽)
中学校教諭第1種免許状/高等学校教諭第1種免許状
中学校教諭専修免許状/高等学校教諭専修免許状

さがみ先生のプロフィール
詳しくはこちらから♪

powered by crayon(クレヨン)